【6月6日】Centimentalな旅 4日目

いよいよ放浪も最終日を迎え、さあどうするか!!

釣をするのか? しないのか? 
取り合えず、風呂に入りたい~って事で、川のほとりにある温泉へ。
ここは、洗い場が無いので誰かが髪を洗う度に、誰かが洗面器でお湯をかけて。。。。。

そして、ロープウェイに乗って一気に2000mの世界へ。


e0179186_1893414.jpg


いやあ別世界です。
素晴らしい景色でした。

e0179186_18105667.jpg


e0179186_1811457.jpg


まるで修学旅行宜しく、オジサン達がはしゃぐのよ(笑)
でもね、みんなどことなく元気が無い。
あと数時間で、この旅が終わる寂しさを、みんな実感してたんだと思う。。。。

そして昼食を食べて、お別れ。。。。。

この時は、本当に泣きそうな位、寂しかったなぁ~


自分とpapaさんは、まだこの旅を終わらせたくないと、最後の悪あがき。

初日の川へ向かう。

e0179186_18161781.jpg


ここでは、ローカルルール適用。

魚が釣れたり、反応があったら先行を交代。
フライが枝に引っ掛かったりしてトラぶっても先行を交代。
これでお互い平等に釣り上がる・・・

まあトラぶったり、沈したり、笑いが絶える事無く釣りあがる。
そうして日没までみっちり釣をして、温泉入って、飯を食う為に高山に向かう。

この頃には、マーブルさん、もっち~は既に岡山に。
もう数百キロ離れたんだ~って実感。


e0179186_18202356.jpg


高山では、CNTER4でハンバーガーを食おうと思ったけど、
のんびりし過ぎて、閉店時間に間に合わず。。。。
なもんで高山ラーメンを食って、店を出て1時間以上駐車場で立ち話。
まったく、4日間も一緒に居て、話が尽きないもんだ(笑)

そして戻りたくない、終わらせたくないって気持ちを振り切って
papaさんと別れ、帰路に着いた。
時計を見ると、23時57分。

夢から醒めるには、ちょうどいい時間だったのかも知れない。。。。。

僕らの為に、全身全霊で釣り場を案内してくれた、MASUのすけさん。
往復30時間をVWバスで来た、マーブルさん。
仕事終わって、新幹線飛び乗って掛け付けた、もっち~さん。
色々な楽しい話を沢山聞かせてくれた、FF1350mさん。
何度も地雷を踏んでしまってすみません***さん。
深夜、高速を飛ばして駆けつけてくれた、晴釣雨読さん。
新しい環境の中、休みを取って、もっち~を拾って来てくれた、アンちゃん。
最初から、最後までつきあってくれた、papaさん。

そして最後に、快く放浪の旅に送り出してくれた、大好きな妻に。。。。

皆最高です!!


皆!!  Thanks!!

なんか記事を書いてても、泣けてきた(笑)


Centimentalな旅 おわり。。。。。。
[PR]
by gijie_masa | 2011-06-06 22:22 | 釣り日記2011(渓流)
<< 【6月10日】伊那谷 第2弾 【6月5日】Centiment... >>