SIMMS G3・ガイド・ストッキングフットウェーダー

2シーズン使用した、Rivalleyのウェーダー。



e0179186_14552529.jpg


【購入時の写真】

今まで、ずっとRivalleyのウェーダーを使用して来たが、2シーズン以上もった試が無い。

まあ、シーズン中にコケたり、茨が刺さったりで、その都度補修は行っているが

年間釣行30回程度で2シーズンで、シールが剥れたりで限界を迎える。


今回は、どのメーカーにするか迷った。

Pazdesign、LITTLEPRESENTS、MAZUME等、新興メーカーの製品も増えてる。

そこで、釣をする友人複数にウェーダーは、どれが良いか?? 聞いてみた。

すると、「SIMMSが一番」って答えが多い。

値段は高いけど、耐久性も有るので2、3万のウェーダー買うよりは結局安く付くと。。。。

実際使ってる人で長い人で6シーズン、短くても4シーズンは使ったと言う。

他には、Patagonia、NORTHFACEと、海外メーカーが多い。

散々迷ったけど、PataもNORTHもMade in ChinaなんでPASS。


んで、選んだのがデザインもカッコイイSIMMS。

Made in Bozeman Montana USA


e0179186_15253622.jpg



数あるラインナップから、選んだのが



e0179186_15293614.jpg



気が付けば、帽子、ベスト、ウェーディングシューズ、そして今回のウェーダーと

悔しいけどSIMMSが増えて行く。。。。。

決して、SIMMSが好きな訳じゃあ無い。

でも、デザイン、機能性等をから選んで行くとSIMMSになってしまう。

国内メーカーは、FoxFire以外は、買う気が起こらない。

デザイン性、機能性、価格、このバランスが揃った国内メーカー製品が無いんだよね~

アウトドアウェア等でも未だに国内メーカーってイマイチなのは、なんでなんだろう??
[PR]
# by gijie_masa | 2010-04-29 15:30 | 釣り道具に関する事

【4月24日】笛吹川水系

この日は、大先輩takiさん&H氏のルアーマン3人での釣行。

どこに行くか迷ったけど、自分が行きたかった笛吹川水系にお連れする事に。

天気予報では、前日までの冬並の気温も上昇して天気も良い筈だったけど。。。。。

AM6:30 エントリー開始。
この時点で、気温3度、水温4度。



e0179186_151442.jpg



最初の堰堤で、大物アマゴ確認。

2度ばかり追って来たけど、それっきり。。。。

幸先良いと思った。



e0179186_17151.jpg


毎度恒例のtakiさんが持ってきてくれたビールで乾杯。





e0179186_058161.jpg




e0179186_0584823.jpg


標高1400m付近は未だ冬の装い。
春は未だ遠かったのか、ミノーを追ってくる魚影も少ない。
たまに追ってきても、距離は縮まらない。

前回の伊豆から、アマゴには「ふられ」っぱなし(涙)

寒さと、アマゴとイワナの冷たい仕打ちに耐え切れず12時を回った処で転戦を決意。




e0179186_059243.jpg




e0179186_0594470.jpg


転戦先は、いつものホームリバー。

気温も水温もぐっと上がって、春を感じさせる。

時々晴間も覗かせるが、雨も降る変な天気。

幸先よく、川にたって直ぐにH氏にヒット。

しかし状況的には、ココも渋いなぁ~

大型も何匹か見えたけど、底に張り付いて動かない。



e0179186_102148.jpg


支流に入ってみたけど、状況は変わらず。




e0179186_105484.jpg


ターゲットを鴨に変えた、takiさん。

日没間際まで頑張ったけど。。。。結局、3人でヤマメ数匹という結果。



e0179186_135925.jpg


がっくり肩を落として、車へと戻るの図。

でも楽しかったなぁ~

自然相手の遊び、これも釣の醍醐味ですから。。。

また行きましょうね。

必ずリベンジしましょう!!

そうそう、うっちさん色々と情報有難うございました
[PR]
# by gijie_masa | 2010-04-24 20:51 | 釣り日記2010(渓流)

【4月10日】伊豆の渓

友人の湘南の鱒釣師ことI氏と久々の釣行。

数日前から携帯メールで、「ねぇ~どこに行く??」 「どこでもいいよ♪」
って若い恋人同士のようなメールを、中年のオッサン同士で交わす(笑)


I氏が良く行く伊豆の渓へ連れてって貰う事に。
しかも、ここ最近状況が良いとか。。。。。
(まあ、そうやって行った時には、だいたい状況変わってるんですけどねwww)


今回は、気合のAM3時に家を出発。
そしてAM6時に道の駅で合流。
I氏の新車の臭い漂う、納車一週間の欧州車で現場に向かう。


e0179186_2113218.jpg




今シーズン初の朝日を浴びながらの釣行。
本日は、気温も高くて実に気持ちが良い。

お魚さんも高活性を期待出来る!!  
って思ったけど先週に比べて水位が落ちてるらしい  ┐(´~`;)┌



e0179186_211442100.jpg




e0179186_2115554.jpg



川沿いを道路が走る、里川的雰囲気の川で好ポイントが続く。




e0179186_21155093.jpg



e0179186_21155911.jpg


川沿いと山には、桜が満開。




e0179186_21164038.jpg


そして後ろを振返ると、海が見える。
渓流から海を見るのは、初めてかもしれない。


しかし予想通り??
柳の下にドジョウは居ませんでした。。。。。(笑)

そんな状況でもI氏は、ポツポツと獲ったりバラシたり。

自分は、たま~にバラしたり(汗)

この川のアマゴ、ミノーの食い方が下手なんです┌|∵|┐└|∵|┘ お手上げ

でも素晴らしい景色と、素晴らしい川で釣が出来て楽しかった。

I氏よアリガトウ!!



e0179186_21171093.jpg


次回は、こういうのを釣りたい!!

いや釣らせてくれ~ww

写真は先日、同じ川でI氏が釣ったアマゴ!!  お見事。
[PR]
# by gijie_masa | 2010-04-10 20:20 | 釣り日記2010(渓流)

【3月27日】 信州で巨大モンスターと格闘??

昨年から長野に住む友人から家族連れで、塩尻のワイナリー巡りをしましょう!!
って話をしていたのが、やっと実現。

でも良い川が沢山有るのに、ロッドを振らずに帰る訳にもイカないでしょう!!(笑)

両家族の了承を得て、夕方日没までの3時間弱ですがダウンクロスさんと川に行ってきました。

天気は良かったのですが、夕方から気温も急激に下がって状況は良くありません。

でも、まあ釣れなくてもイイんです。

こういうロケーションでロッドが振れれば。。。。



e0179186_18283176.jpg






時間の関係も有って、本流っぽい川でニジと茶鱒を狙います。

澄んだ空気と素晴らしい景色の中で、ロッドを振るのは実に気持ちがいいもんです。



しかしまあ予想通り、状況は厳しい

友人も苦戦してます。



e0179186_1830371.jpg




雰囲気は、とても良い川で魚は絶対に居るんですけどね~

このちょっと上流で、野焼きをやってて藁や灰が大量に流れてきます。

なもんで、ポイントチェンジ。



膝下位の場所に立ちこんで、ロッドを振ってる時に目の前を。。。。。

70cm近い巨大な魚が泳いで行き、直上の瀬尻で底に張り付くように定位します。

泳ぎ方から見て、鯉じゃあないです。

定位の仕方から見て、ニジでも無さそう。





e0179186_18311873.jpg



写真じゃあ判りにくいですが、ほんのりピンクがっかた魚体が赤丸の中に居ます。

友人と何だろうと?? 

と話しながらルアーを”とっかえひっかえ”投げ格闘が始まります。

んが!!


見向きもされません(汗)

まったく歯が立たず、なす術も無く撤収!!


数年前に近くの養魚場から大量のイトウが脱走したという話や

この時期に婚姻色が出て、遡上しようとしている??

底に張り付くように定位している。

などを考えると、モンスターはイトウではないかと推測してます。

まあ近々、友人がモンスターの正体を暴いてくれるでしょう!!

きっと!!

ネ!!(笑)
[PR]
# by gijie_masa | 2010-03-27 18:25 | 釣り日記2010(渓流)

【3月22日】 ノーパンで

連休最後の日。
今日は、昨日より気温が下がるって事で
どうせ朝一は、俺も魚も活性が低かろうと

9時30分起床。
10時に出発。



e0179186_22194392.jpg



中央フリーウェイ
右に見える競馬場 左はビール工場(今は無いけど)
この道はまるで滑走路 夜空に続く(昼間だけど)

てな感じで、富士山を見ながら中央道を西へ。


大月方面行っちゃうか~って思ったけど、いつものリバーへ。



e0179186_22221362.jpg




日差し差し込む川は気持ちが良い。
やっと春らしくなって来たなぁ~

魚の活性も高いようで、チェイスやバイトが。。。。。


でも退渓点まで半分過ぎた処で、生命反応が消える。

不思議に思ってると、しばらくして前方に!!



う~様、ご夫婦出現!!


あっどうりで(涙)


ここんとこの大荒れの天気のせいか、あっちこっちで木が倒れている。


そして巨大な倒木が進路を塞ぐ。

やっとこさ乗り超えると今度は。。。。。




e0179186_22224235.jpg



昨年は通れた切通が、深くなって通ラズに(汗)

またあの巨大倒木を乗り越えるの面倒だし、入渓点まで戻ると1時間位。

このまま進めば、30分ほどで退渓出来る。

よし行くべぇ~っと足を進める。

「艦長!!  右舷浸水」

しばらくして

「艦長!!  左舷浸水」

ウェーダーの中に、水がどんどん入ってくるのが判る。


やっとこさ向こう岸に。。。。。。。パンツもびっちょり。

ちなみに換えのパンツは無い。

止む得ないな!! と自分に言い聞かせノーパンでズボンを履いて帰った


教訓!!


ウェーダーはチェストハイに!!




数は出たけどサイズがなぁ~

う様出現で、今年もこの区間は期待出来ないなぁ~


e0179186_22232019.jpg

[PR]
# by gijie_masa | 2010-03-22 22:16 | 釣り日記2010(渓流)