<   2015年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

年券のコストパフォーマンを考えてみた

シーズン最初の釣行でモンスターに出会ったからという理由からでは無いのですが041.gif
数年ぶりに相模川年券を買いました。

e0179186_15464010.jpg


トラウトしかやらないアングラーからは、価格が高い!と評判の年券ですが
実際に他の漁協と比べてどうなのかを比べて見ました。


まず相模川年券
道志川の両国橋より下流、相模川水系の川全てOKです。
全魚種年券  10000円
日釣        1000円
期間は4月1日~翌年の3月31日
(鱒類の遊漁期間 3月1日~10月14日)

首都件近郊で人気河川、桂川の中流域の都留漁協
都留漁協 
全魚種年券  8000円
日釣       1200円
期間は3月15日~9月30日(遊漁期間も同じ)


ちなみに自分が良く行く秋山川
秋山川の支流、本流
雑魚年券    4000円
鮎年券      7000円
日釣       1000円
鮎日釣      1800円
期間は3月1日~9月30日(遊漁期間も同じ)

全魚種共通の同じ都留漁協と比べると、実際釣りが出来る日数で勘案すると
実質1か月間違う事になる。
釣りが出来る日数で計算すると、
 8000÷6.5=約1231円/月
10000÷7.5=約1333円/月
相模川年券が、ひと月辺り約100円高い事になる

で次に釣り人にとって重要なのが、釣れるか釣れないか。
その要素の一つで有る、放流量で見て見よう。
(データはネット上の数字を参考にしています)
また、どの程度の大きさの魚を放流するかで匹数は変わるので、
必ずしもkgで比べるのは適当では無いかもしれないですが目安として。。。
ちなみに鮎は稚魚放流が多い様です。

鱒類
相模川  4190kg
都留    1470kgを計7回  合計10290kg
と約2.5倍


相模川 12,173kg
都留      600kg
約20倍

ちなみに秋山川
鱒類 410kg
鮎   600kg

数字だけを見ると、鮎を釣るなら相模川年券も決して高くは無い
近隣の川と比べると、寧ろお得感さえ有るって感じ。

で問題なのは、鱒類だけを釣る人。
都留漁協は、水力発電による漁業補償が有るので放流量も多い。
恐らく全国でも屈指の放流量。
その屈指の放流量の約40%の放流量をどう見るか?
ちなみに、同じ価格で同じ遊漁期間の酒匂川は鱒類の放流量は1000kg程度との話も有る。
それに比べたら、同じ値段で4倍以上の放流量は良心的なのか。。。。

次に気になるのは、相模年券を買う人の割合でしょうね。
鮎しかやらない人、鱒類しかやらない人、両方やる人。
この割合で、放流量が決まると一番公平なんだろうけど残念ながら全魚種共通だから
その割合は判らないんだろうなぁ~
自分の見た感じは、鮎をやる人の方が圧倒的に多い感じがしますが。。。。

人それぞれ、色々な捉え方は有ると思いますが
自分の感想は、思ったより高く無いかなぁ~って感じ。
(いや、価格で言ったら高いですよ絶対に!!)

もちろん、今の相模川の鱒類の放流量も色々な方々の努力の賜物です。
理想としては、7000円位で鮎を除く券種を作ってくれるのが一番なんですけどね~

やっぱ暇してるだろ!! なんて言わないの~
明日からは、忙しくなるんだから。。。。(笑)




                  
[PR]
by gijie_masa | 2015-03-31 22:58 | 釣り道具に関する事

【3月17日】川の悲鳴が聞こえそう。。。。

e0179186_152639.jpg


春のポカポカ陽気に誘われて、毎年通ってる山梨の川へ行って来た。
いつもの場所から入渓。


e0179186_1534365.jpg


ところが、水が少ない上に川底には茶色のヌルがビッシリで水も臭う。
あれ? なんかいつもと違うな~という違和感を感じだ。
途中何度か魚の反応はあるものの釣れず。
餌釣りの先行者2名にあたった処で退渓する事にした。

道路を歩いていたら、毎年時々出逢う漁協のオジサンに遭遇。
川の状況を聞いてみると、やっぱり例年に比べてかなり水が少ないとの事。
原因としては、雪が少なかった事、本流に流れ込んでた沢が2本枯れた事が考えられると。。。。。
「なんで沢が?」と聞くと、リニアの工事が影響してるんじゃないかと言っていた。
リニア工事が進むにつれ、井戸が枯れたり、沢が枯れたりしてるそうだ。
1本はイワナが住む、なかなかいい感じの沢だったんだけどな~
あのイワナ達は、どうなったのだろう??
昨年位から、静かだった里の道を大型ダンプがひっきりなしに行き交う様になり、
リニアのトンネルは着実にこの辺りの山々を貫いて行ってる様だ。。。。。。

静かな里川の雰囲気は失われて、釣りをするにはちょっと??な感じになっていく川。
この川は、どうなって行くのだろうか?
今シーズンも時々来て、自分の目で見たいと思った。

リニアはやがて南アルプスを貫通すると言う。
きっと途中の山々でも、何本かの沢が枯れてしまったりするのだろうな~
リニアに限らず、高速道路や新幹線、道路のトンネルで枯れた沢なんかも日本には
無数に有るんだろうな~

e0179186_15182024.jpg


なんて事を考えながら、川を見下ろせる場所で昼飯を食べる。

そして転戦を決意して、丹沢方面へ。
途中コンビニへ寄って日釣券を購入。
H川の支流へ行って見る事にする。

e0179186_1521727.jpg


e0179186_15212414.jpg


でもまあ、先行者も居たりで魚っ気なし(涙)
出だしは良かったのですが、2回目は【ボ】となりました。。。。。

e0179186_15223673.jpg


家に戻ると、久しぶりに富士山が見えていた。
[PR]
by gijie_masa | 2015-03-17 21:22 | 釣り日記2015

【3月4日】舐めたら、あか~ん

3月4日、釣に行く事になってから天気予報が気になって仕方ない。
そして、ついにその日が来た。

AM6時にTABOさん、相模の釣師と待ち合わせ。
まだ小雨がパラついていたけど、TABOさんお気に入りの沢へ向かう。
準備が出来た頃には雨も上がり始めて気温も上昇、天気も良くなってくる。

お互いに順番を決めて、思い思いに釣りをする。
そして、時々集まって「あ~だ、こうだ!」と他愛の話をする。
そんな感じで釣り上がる。

e0179186_15433510.jpg


e0179186_15443161.jpg


そして気が付いたら、青空が広がりつつあった。
天気は最高、そして仲間も最高、あとは魚が出てくれれば。。。。

e0179186_15471521.jpg


そんな時に相模の釣師がファーストフィッシュゲット!!

ほどなくして、TABOさんもニューロッドでフィッシュ!! なかなかの良型。


「むぅ、むぅ~こ、これはマズイ。。。
「もしかして俺だけ釣れないパターンか?(汗)」

e0179186_15505142.jpg


退渓点が近づく、そして後ろから2人の「はよ!釣れ!」の無言のプレッシャーが。。。。。

e0179186_1551124.jpg


そして、ついに私にもヒット~
この沢固有の綺麗な、綺麗なヤマメです。
ミノーは昨年のイベントで手に入れたROUGH STREAMさんミノー。

いやあ~良かった、良かった。

e0179186_155326100.jpg


そして昼飯を食った後、ダム下でもやりますか~って事で相模の釣師の案内でダム下へ。
そこで釣りの神様は、とんでもないイタズラをしてくれました。

解禁祭り後の放流魚でも釣って遊びましょう的なノリだったので、

渓流用5.2ftの柔らか目ロッド&カーディナル33&5lbナイロンラインというタックルで投げてたんですが、
突然ミノーをひったくられました。
手応えは有るのですが、その魚はだらしなく寄って来ます。
そして魚が金色に光って見えたので、「なんだニゴイかあ?」って思って
フックアウトしてくれないかなぁ~なんて思い、ちょっとロッドを煽った途端に
ジャンプして猛烈なパワーで走り出しました、そして再び全員が目視できる距離に。。。
全員がニゴイじゃないよ~銀化、銀化と叫びます。
そこからは何分間位でしょうか、相模の釣師がネットを持って下流側でウェーダーを浸水させ
パンツを濡らしながらも頑張ってくれましたがラインブレイク。。。。。
40オーバーは確実、50を超えてたかも?
その銀化ちゃんは、HAMミノーを咥えたまま流れに消えて行きました。

e0179186_1652196.jpg


いやあ~いると言う事は知ってますが、まさか自分に。。。。。

シーズン初っ端から、とんでもない事が起きちゃいました。

相模年券、ダム下用タックル。。。頭の中をグルグル駆け巡ってます。

いやあ~本当に最高の解禁となりました。

TABOさん、相模の釣師さん、ありがとうございました!!

TABOさんが動画を撮ってくれてました。。。
残念ながら魚は写ってませんが、3人の脳裏にはしっかり焼き付いてます。


ダム下のモンスタートラウト!!1


ダム下のモンスタートラウト!!2
[PR]
by gijie_masa | 2015-03-04 22:22 | 釣り日記2015