<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【5月29日】 伊那谷第一弾

職場の同僚4人との釣行。
今回は、渓流ルアー初挑戦の若者も参戦。

何処に行こうか悩んだ末に、あの綺麗な景色を見せたいのと、
4人でも釣が出来るって事で、伊那谷のあの川へ。

AM3時に到着。
河原で夜明けまでしばし仮眠。

そして夜明け。。。。


e0179186_1420473.jpg


山頂には、未だ雪が残っている。
若干の雪代が入ってるらしくて、水位は高め。


e0179186_142151.jpg



相変わらずの透き通った水と、澄んだ空気。
気持ちが良いなぁ~

釣を開始して、ほどなくヒット。
尺上のイワナだったが。。。。。。。胸鰭も無く、顔も丸くて変。
色々な角度で写真を撮ろうとしたけど、シャッターを押す気にもなれなかった

こういう魚を求めてるんじゃあ無いんだよなぁ~

人それぞれ川に立つ理由は、色々と有ると思う。
自分は、まず第一に綺麗な景色、綺麗な水の川で釣がしたい。
そして第二に、大きかろうが、小さかろうが、思わず見入ってしまう綺麗な魚に出逢いたくて川に立つ。


それからもポツポツとイワナ、アマゴがヒット。


e0179186_14402818.jpg


活性は、高い様で果敢にミノーを追いかけてくる。


楽しいなぁ~


新人君が、水没して、リールのハンドルを紛失したのを機に一旦川から上がる。
誰も予備リールを持ってなくて、釣具屋を捜してリールを購入。

そして、ちょっと早いけど昼食。
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-29 23:33 | 釣り日記2010(渓流)

Balsa Tribe Minnow

Exciteブログで交流をさせて頂いております、Balsa Tribeさんより、ミノーを頂きました。


e0179186_2033380.jpg


Balsa Tribeさん曰く、セッパリ第3号と4号。
非常に個性的な形のミノーです。


e0179186_20353250.jpg


赤色が綺麗で、非常に自分好み。

今夜から、あの谷へ行ってきますので早速、使わせて頂きます。

こんな素敵なミノーで釣れなかったら、間違いなく腕が悪いんですね(笑)

Balsa Tribeさん、有難うございました。
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-28 20:37 | 釣り道具に関する事

G3ウェーダーを洗う

今までは、安いウェーダーを2シーズン位で買い換えてた。
といっても年間30回程度の使用で、2シーズンは持った試しは無いんだなぁ~

いやあSIMMS G3ウェーダーいいっす。
立体裁断は、とても動きやすい。
やっぱり、透湿素材はゴアに敵うものは無いと、改めて再認識です。
何より水が漏れないウェーダーは快適そのもの(笑)

今回、清水の舞台から飛び降りて買った、
G3を長持ちさせるべく、マメに洗う事を決意。
(今までは、シーズンに1回くらいしか洗ってなかった。。。。)

参考にしたのは。。。。。
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-23 16:32 | 釣り道具に関する事

【5月22日】幸先が悪いときは。。。。。

色々な方々に心配頂きましたギックリ もお陰様でかなり良くなりました。

先週の土日は、痛みでほぼ寝たきり。
釣りどころじゃあ無かったです(汗)
2週間も釣をしないと禁断症状が。。。。
しかもミノーイングに一番いい季節だし。。。。

遠出も考えましたが、腰の事も考えていつもの川へ。

AM6時に家を出て、遡行の楽な区間に入って、昼前には上がって、
速攻帰ってビールを飲もうという魂胆。

予定通りAM6時に家を出る。

国立府中ICで高速へ。。。すると

「事故渋滞 相模湖まで2時間以上」(怒)


e0179186_1837822.jpg


ブログ用に渋滞画像を撮ろうと、カメラのスィッチを入れるけど電源が。。。。
「バッテリー忘れた」(涙)
今日の画像は、iphoneで撮影。

なんとも幸先が悪い。
こんな時は、たいがい良い釣にならないんだよなぁ~

通常より90分余計に掛かって到着。
橋の上から見ると、水量は減水傾向だけど、まずまずな感じ。
準備して、歩いて入渓ポイントへ向かう。

川に下りると目が点。。。。。
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-22 18:52 | 釣り日記2010(渓流)

ルアーワレット その2

人生最大の危機??
ギックリ腰で痛くて溜まりません。
日常生活もままならず、釣どころじゃあ、ありません。
今週末は、状況良さそうなんですけね~(涙)


e0179186_1613314.jpg


先日、WILD1にて購入したWILD1とタインサイドのWネームのワレット。
使ってみたらダメダメでした。。。(涙)

なんて言うか、ワレット自体に剛性感が無くてフニャフニャなんです。
ミノーを取り出す時にも、本体がフニャーってなって折れ気味に。
そんなフニャフニャの為か、ミノーの保持力も無くて
川を遡行すると、ワレットのミノーがグチャグチャになってしまいます。

前に使ったタインサイドのワレットは、そんな事無かったので
個体差なのか、Wネーム製品故か、09からサイズが変わった為なのか不明ですが。。。。。

そんで。。。。。。
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-15 16:28 | 釣り道具に関する事

【5月8日】好敵手

AM5時30分に目覚まし時計をセットした筈なのに、目が覚めたら8時。

「寝坊してしまった(汗)」

布団の中で今日は諦めて、もう一回寝ようっという考えが頭を過ったが、

窓に目をやると、気持ちの良い日差しが差し込んでいる。

「釣れなくても良いから行ってみるか!」

って事でバタバタ準備して出発。

中央道をかっ飛ばして、いつものホームリバーにて9時半にエントリー開始。



e0179186_22532285.jpg


「やっぱ、来てヨカッタ♪」  
予想に反して人も居なくて、抜けるような青空の下ノンビリ釣りあがって行く。

魚の方は、予想通り?
GWで叩かれまくったプレッシャーの影響からか、白泡の下や竿抜けのようなポイントに
ひっそりと着いている。

ミノーを追ってきても、たまに軽くチュっとして猛スピードで帰って行く。



e0179186_2301134.jpg


そんな事に一喜一憂しながら、気持ちの良い川を満喫。


とあるチャラ瀬で、一箇所だけえぐれて深くなった場所にミノーを通した時。
ギラっと魚が光ったような気がした (逆光でよく見えない)
ポジションを変えて、再度ミノーを通す。
今度は、ハッキリとGoodサイズの魚がミノーを追って飛び出して来るのが見えた。
そして軽くバイト。
でもフッキングせず(涙)


その後、彼(彼女?)は2度と姿を見せなかった。。。。。。


そのポイントを諦めて、釣りあがって行った。
退渓ポイントで川を出て、入渓点に止めた車まで20分ほど歩いて戻る。

どうしても、さっきの魚が気になった。
嫁さんとの約束が有るので、残された時間は1時間ほど。
「あのポイントだけやってみるか!」

20分ほど、川を歩いて到着。
離れた場所に腰掛けて、しばし観察。

しばらくすると、時々水中でギラギラと光りが。。。。
盛んに水中で何かを捕食している。

立ち上がってそっとポジションを取ってキャスト。
1投目、ミノーの方向を一瞬向いただけ。
2投目、ミノーをチェンジ、ちょっとレーンを外してしまった。
3投目、多分これでミスったら終わり。
     神経を集中してキャスト。
いいポイントに入った!!
ドスンという衝撃とともに、ドラグが。。。。。

「どうかバレないで」
祈るような気持ちで、激しく暴れる魚を寄せる。
無事にネットイン。
だれも居ない川で、「やった~」と叫んでしまった(笑)


e0179186_23135037.jpg


恐らく鱒釣り場からの脱走兵だけど、ヒレも綺麗に回復している。

大きさを測ろうとメジャーを当てようとして止めた。
何cmか? なんてどうでも良いと思った。。。。。。

こんな感じは久しぶりだなぁ~嬉しい1匹です。
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-08 22:22 | 釣り日記2010(渓流)

「鱒の森」vs「River」

e0179186_15534079.jpg



gijieが生まれ変わって先日創刊の Luer magazin River 

そして、Troutistが生まれ変わって創刊された「鱒の森」


e0179186_15572977.jpg


どちらも内容が似ている。

特に今月の鱒の森とRiverは、ほとんどコンセプトが同じだ。

Riverは当面、隔月で980円。
鱒の森は、年四回で1890円。


コストパフォーマンスは、Riverの方が良いかな~

「鱒の森」は、回を重ねる毎にページが薄くなるし。。。。。

ITO.CRAFTとカスケットの広報誌となりつつあるし。。。。。



このままじゃあ、ヤバイんでね?? 「鱒の森」
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-05 16:03 | 本、雑誌

ルアーワレット

未だにコレだ!!に巡り合わない、ルアーワレット。

今まで使った中で、一番使いやすかったのがタインサイドのルアーワレット。

もう1個欲しいなぁ~って思って捜すけど、最近は品切れ気味で中々見つからない。

そんな中、WILD1で見つけたのがコレ。


e0179186_23511592.jpg


09年からの約190×105サイズ。

裏を見ると


e0179186_23523436.jpg


WILD1のタグが付いている。
コレ、WILD1とタインサイドのWネームで作られたもの。
価格は、2980円。
タインサイドでの価格は、4200円だから実にお得な価格。

素人の私が見る限り、材質や作り等の違いは判らない。



e0179186_23551455.jpg


同じく、タインサイドとアンリパのWネームで作られたもの。
コレも素人の私が見る限り、材質や作り等の違いは判らない。
タインサイドでの価格は、3990円。
でもアンリパとのWネームは、なんと6300円。

ぼったくり??

最近のアンリパは、ユーザーを舐めてるなぁ~

これは、アカンでしょう!!
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-03 23:59 | 釣り道具に関する事

【5月1日】南佐久漁協管轄をランガン

GWだし、友人I氏とちょっと遠出したいねぇ~って事で

今回は、長野県の南佐久漁協管轄の川を巡って見ようって事に。

数日前に釣行した、うっちさんから色々と情報を貰って、いざ出発。

AM0時30頃にI氏が迎えに来てくれて中央道へ。

国立府中ICからのるといきなりの大渋滞(-_-;)
大月付近まで渋滞して、現地M川到着はAM4時30分頃。

その頃には、空は白くなっていて準備しながら明るくなるのを待つ。

M川では、雪代で落ち葉や土が流れた影響からか石に茶色苔がビッチりで滑る滑る。

時合が悪いのか魚の姿は見えず。。。。

先行者にブチ当たったので、S川へ転戦してみる事に。


e0179186_17534478.jpg


う~ん、ここでも生命反応ナシ(^_^;)

しかもGWなんで、人が多い多い。
(まあ最初から覚悟のうえですが。。。。)

んでK川へ転戦を決意。
人も多くて激戦区だけど、水が綺麗で景色が良いからノンビリ釣ろうよって感じでS川へ。

途中見えた、T川本流が良い感じだったのでちょっと竿を出してみる事に。


e0179186_17592850.jpg


青空の下、八ヶ岳を見ながらロッドを振るのは気持ちが良いもんです。

しかしまあ、ここでも生命反応無し。

この時で、9時位。
まだ時間が早いんだろうって事は、判ってるのですが。。。。
せっかく来たのだから、竿を出したいんです(笑)

ここも1時間くらいで見切りをつけてS川へ!!



e0179186_184013.jpg



e0179186_1851630.jpg



ここのロケーションは大好きなんです。

天気も良いし、実に気持ちが良いです。



e0179186_187054.jpg


でもあの清らかな流れが。。。。。

一番のお気に入りの区間なんですが、川底一面がミドリ色の苔でビッシリなんです(涙)

ルアーを投げるたびに、この苔が絡みついて大変。
どうりで人が居ない訳だ。。。。

でもここの区間の堰堤下で



e0179186_1812232.jpg


I氏に待望のヒット!!   28cmのイワナ。
これで人間の活性も一気にあがります...( ̄ー ̄)ニヤッ

堰堤まで来たしミドリ苔が酷いので
ちょっと下流へ移動してみる事に。

ここは、多少ミドリ苔は有るが川底は綺麗。


e0179186_18151534.jpg


いい時間になって来たのか、ここから魚の反応もボチボチ出始める。

川底のミドリ苔  さえ無ければいう事ナシ!!
なんだけどなぁ~

その後も数匹追加して、ちょうどお昼頃なんでウェーダーを脱いで昼飯へ。



e0179186_18181112.jpg


そばを食べて、しばし休憩。


そして昼からは、うっちさん情報のポイントを攻めるべく再度M川へ!!

しかし人が多い、あっちこっちに車が(T_T)
湘南、多摩、群馬、埼玉、相模ナンバー、考えることはみな一緒か!


e0179186_1821161.jpg


やっと入渓点を見つけて川へ。。。

先行者の後ですが、小振りだが果敢にルアーを追ってくる姿が。。。。

1時間程すると先行者に当たってしまった。
時間は16時。
どうするか、考えた末に再びK川へ。

ミドリ苔ポイントより上流を目指して17時川へ到着。


e0179186_1828510.jpg


ここは、K川らしい苔の無い綺麗な川底とジンクリアの綺麗だった。。。

ここでもI氏がイワナちゃんを追加してタイムアップ。

朝から5時から、夕方18時まで釣を堪能。

当然? 今日は筋肉痛(笑)



e0179186_18312880.jpg


反応は渋かったけど、青空の下で気持ち良く釣が出来たのでヨシとしよう!!
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-01 22:22 | 釣り日記2010(渓流)