ラインの話し

昨年のシーズン後半に、RODを Paragon PR523へ変えてから、

どうもタックルのバランスが”しっくり”来ない。

何が?どうなんだ??って聞かれると、感覚的なもんなんで

難しいんだけど、合わせや、フッキング等、何か”しっくり”来ない。

まあ気にならない人は、全く気にならないんだろうけど。。。

そういえば、「あのLureは釣れる!!」とかって話は耳にするけど

あのラインは釣れるって話は耳にしないなぁ~(笑)

シーズン初めは、VARIVASのトゥイッチマスターVLS 5lbを使用。

自分には、ちょっと硬すぎたようだ。。。。

あっ!

Cardinalには5lbを使ってます。

特に意味は無いけど、細いとライントラブルが増えそうな気がして。。。。これも感覚なんですが。

e0179186_12043025.jpg
で先月から、VARIVASのVEPへ変えました。

VLSよりも自分に”しっくり”きますが、もうちょっとって感じ。

でWILD1オリジナルのラインも安かったので、予備スプールへ巻いて見ました。

次回は、両方持って行って、とっかえ、ひっかえ試してみよう。


”しっくり”来なくなった、もうひとつの原因はミノーかも知れないなぁ~

CASKETのREVOでは、シンキングや、HWシンキング等、重さで言うと3g~5g位を多用してたけど

Paragonに変えてからは、2g~3g台を主に使ってるので。。。

まあそういう釣りがしたくて、paragonを選択したんです。

なんかFLYをかじってから、立ち位置や流し方等思う処が有って

今シーズンは、それを実践して見たいってのと、従来と考え方や見方が変わったので

Lureでの釣りが凄く新鮮で楽しく感じる。

FLYを止めた訳では無いのですが、ついついLureの比重が高くなってしまって。。。。

ひとつのスタイルやこだわりを突き詰めるのもアリだし、

渓流魚を釣るという事に対してアプローチをいろいろ変えてみるのも楽しそうだな~なんて思ったり。

そういう意味でテンカラにも凄く興味が湧いている。

まあ行ったり来たり、そんなのも良いかなぁ~なんて思う今日この頃。。。。。









[PR]
by gijie_masa | 2014-08-01 12:30 | 釣り道具に関する事
<< 2014帰省の旅  夕陽 【7月19日】甲斐の川 >>