【5月8日】好敵手

AM5時30分に目覚まし時計をセットした筈なのに、目が覚めたら8時。

「寝坊してしまった(汗)」

布団の中で今日は諦めて、もう一回寝ようっという考えが頭を過ったが、

窓に目をやると、気持ちの良い日差しが差し込んでいる。

「釣れなくても良いから行ってみるか!」

って事でバタバタ準備して出発。

中央道をかっ飛ばして、いつものホームリバーにて9時半にエントリー開始。



e0179186_22532285.jpg


「やっぱ、来てヨカッタ♪」  
予想に反して人も居なくて、抜けるような青空の下ノンビリ釣りあがって行く。

魚の方は、予想通り?
GWで叩かれまくったプレッシャーの影響からか、白泡の下や竿抜けのようなポイントに
ひっそりと着いている。

ミノーを追ってきても、たまに軽くチュっとして猛スピードで帰って行く。



e0179186_2301134.jpg


そんな事に一喜一憂しながら、気持ちの良い川を満喫。


とあるチャラ瀬で、一箇所だけえぐれて深くなった場所にミノーを通した時。
ギラっと魚が光ったような気がした (逆光でよく見えない)
ポジションを変えて、再度ミノーを通す。
今度は、ハッキリとGoodサイズの魚がミノーを追って飛び出して来るのが見えた。
そして軽くバイト。
でもフッキングせず(涙)


その後、彼(彼女?)は2度と姿を見せなかった。。。。。。


そのポイントを諦めて、釣りあがって行った。
退渓ポイントで川を出て、入渓点に止めた車まで20分ほど歩いて戻る。

どうしても、さっきの魚が気になった。
嫁さんとの約束が有るので、残された時間は1時間ほど。
「あのポイントだけやってみるか!」

20分ほど、川を歩いて到着。
離れた場所に腰掛けて、しばし観察。

しばらくすると、時々水中でギラギラと光りが。。。。
盛んに水中で何かを捕食している。

立ち上がってそっとポジションを取ってキャスト。
1投目、ミノーの方向を一瞬向いただけ。
2投目、ミノーをチェンジ、ちょっとレーンを外してしまった。
3投目、多分これでミスったら終わり。
     神経を集中してキャスト。
いいポイントに入った!!
ドスンという衝撃とともに、ドラグが。。。。。

「どうかバレないで」
祈るような気持ちで、激しく暴れる魚を寄せる。
無事にネットイン。
だれも居ない川で、「やった~」と叫んでしまった(笑)


e0179186_23135037.jpg


恐らく鱒釣り場からの脱走兵だけど、ヒレも綺麗に回復している。

大きさを測ろうとメジャーを当てようとして止めた。
何cmか? なんてどうでも良いと思った。。。。。。

こんな感じは久しぶりだなぁ~嬉しい1匹です。
[PR]
by gijie_masa | 2010-05-08 22:22 | 釣り日記2010(渓流)
<< ルアーワレット その2 「鱒の森」vs「River」 >>